健康保険等で受けられる禁煙治療|前橋の内科なら伊藤内科医院

0272320537

伊藤内科医院

禁煙治療

健康保険等で受けられる禁煙治療

2006年より禁煙治療に健康保険等が適用され、患者さんの負担も軽くなりました。禁煙治療を健康保険等で受けるには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認します。要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができます。
病院に行く前に、自分でチェックしてみましょう。

  1. ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上

  2. (1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
    例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら
    15(本)×20(年)=300であり、対象となります。

  3. 1ヶ月以内に禁煙したいと思っている

  4. 医師から受けた禁煙治療の説明に同意
    説明内容に納得されたときは、文章で同意します(サイン等)。


各診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めれば、この値は低下するので、次回の測定が楽しみになることでしょう。
また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

 

ページトップへ戻る